2017-10

先天性CMV感染は増えているのか?

 近年、妊婦におけるCMVの抗体保有率(既感染率)が低下しているとの報告があります。1880年代は95%近い抗体保有率でしたが、1990年代になると年を追うごとに抗体陽性率が低下しているとの報告が相次ぎました(下表)。
(宮崎では2000年頃まで妊婦のCMV抗体陽性率は低下していませんでした。最近は80%前後で推移してます。)
妊婦のCMV感染率


 CMV抗体保有率が少なくなっているということは、CMV未感染の妊婦が増えていることを示しており、未感染妊婦がCMVに初感染する頻度が増えるため、CMV感染児の出生が増えてくると考えられました。

 では、先天性CMV感染の発生率は増えているのでしょうか?

 妊婦の抗体保有率が90%を超えていた時代(20〜30年前)、先天性CMV感染の発生率は0.4%くらいであろうと推測されていました。
 妊婦の抗体陽性率が減った現在、平成20〜24年度厚労省科学研究( http://www.med.kobe-u.ac.jp/cmv/results.html ) によれば、先天性CMV感染の発生率は 0.31% でした。

 妊婦の抗体陽性率が下がったからといって、先天性CMV感染児の発生率が増えているという訳ではないようです。私も羊水を検体としてCMV核酸診断等で胎内CMV感染を調べていますが、この20年間で児への感染率が増えたという実感はありません。

CMV感染率と感染児出生率
(図クリックで拡大)

 先天性CMV感染について世界のデータがあります(上図)。欧米には妊婦のCMV抗体陽性率が50〜70%の国が多いのですが、先天性CMV感染児の出生率は0.3%未満〜1.1%程度です。アメリカでは都市によって先天性CMV感染児の出生率が異なっています。

 逆に女性のCMV感染率が90%を超える国をみると、ブラジルで0.5〜1.1%、インドでは1.5%以上と、抗体保有率が高い国で先天性CMV感染児が高頻度で出生しています。

 『抗体保有率が高いと先天性CMV感染児の出生頻度は少なく、抗体保有率が低いと感染児の出生頻度が多くなる』という想定は正しいとは言えないようです。
 各国(都市)でCMVの抗体保有率や先天性感染率の差異を述べるためには、単に感染様式だけでなく、生活様式、哺育様式、経済、文化の違いなどをも考慮しなければならないのでしょう。

 本邦において先天性CMV感染の発生率が大きくなっているとはいえません。しかし、初感染妊婦さんから生まれる先天性感染児の頻度は多くなってきているとは言えます。
 すなわち、感染児の出生率は変わらずとも、より重症のCMV感染症児が出生している可能性があるということです。

 今後は患児数だけでなく、重症度や予後をも十分に考慮した詳細な調査が必要になると考えています。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/91-9a4d9e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR