2017-08

ウイルスと宿主の関係は寄生なのか(1)?

 ウイルスに感染した細胞の成り行きは、がん化するか、細胞死がおこるかのいずれかだと書きました(生か、死か、それが問題だ)。

 異種の生物が同一環境内で生存(共存)している状態を共生といい、3つのパターンがあります。

1)相利共生:共存にすることで、お互いに利益を得る場合(ヒト乳酸菌など)
2)片利共生:片方は利益を得るが、他方は利益も不利益もない場合
3)寄生  :他方の犠牲の上で他方が利益を得て生存する場合

 『ウイルス感染細胞はがん化していくか、死んでいくかのどちらか。』と言い切ればウイルスと細胞の関係は寄生です。実際、ほとんどのウイルスは宿主の細胞に寄生してるといえるでしょう。

 とはいえ、生は偶然です。次回はウイルス遺伝子の獲得で起こったことをご紹介します。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/9-f7cf68cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR