2017-06

風しん抗体価測定

 首都圏をはじめ、都市部での風しんの流行が問題になっています。風しんウイルスは先天性感染症の原因となるウイルスです。

 現在、風しんのワクチン(実際にはMRワクチン)が週に1〜2本しか入荷していません。でも、幸いなことに、宮崎県では風しんの流行が見られていません。

 数少ないワクチンを有効に活かすため、また今後起こるかもしれない地域流行に備えて、職場の全職員を対象として抗風しんウイルスIgG抗体価を測定することにしました。

風疹IgGキット

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/87-509ede92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR