2017-10

サイトメガロウイルス感染細胞(腎)

 サイトメガロウイルス感染細胞では以下のような変化がよく見られます。

1 巨大化
2 封入体形成
  サイトメガロウイルス感染組織では、核内封入体の周囲に halo (空隙)を形成する Cowdry A 型封入体がしばしば見られます。

Cowdry A

↑ こんな感じにCowdry A型封入体が見えます。

 実際のCMV感染腎組織は↓(クリックで拡大)
CMV腎
 尿細管にCowdry A型封入体がたくさん見られます。
 サイトメガロウイルスが尿中に多量排泄されることが想像できるかと思います。

 妊婦さんや免疫が低下している方は乳幼児のおむつの扱いに注意しましょう。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/79-12ffaab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR