2017-06

海の中のウイルス量(Nature総説から)

 2005年のNatureに掲載された "Review Viruses in the sea" という総説を読んでみました。
膨大な量のウイルスが地球上に存在していることがわかります。

 以下、総説の内容からです。
(なお、10^6 と記載してあるのは累乗を表しています。10^6 は 10の6乗(100万)という意味です。)

1) 海の中にウイルスは、深海で 300万個/mL 、沿岸部では 1億個/mL のウイルスが含まれると想定される。海水平均で 30億個/L のウイルスが含まれると仮定できる。

2) 地球上の海洋の容量は 1.3 x 10^21 L とされる。

3) 1)および2)より
海全体で 4 x 10^30 個のウイルスが含まれている。

4) ウイルス一個の大きさを 100 nm、含まれている炭素を 0.2 fg (フェトグラム、1fgは 1/10^15g; 1μgの10億分1)と仮定する。

5) 3) および 4) から
海全体のウイルスに含まれる炭素は 2億トン(シロナガスクジラ 7500万頭分)
ウイルスを全部一列につなげると 1000万光年の長さに達する。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/69-72a0b27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR