2017-08

伝染性ウイルス疾患の広がりやすさ

 疾病の流行しやすさの指標に、Basic Reproduction Number (R0) があります。
 『集団が免疫を獲得していないとして、一人の患者がいた場合に何人に伝播しうるか。』という研究上の想定数値です。

 ウイルス感染症を例にとってみると (下図) 、風しんウイルスはインフルエンザウイルスよりも3倍強も広がりやすい事がわかります。
 インフルエンザには治療薬があります。治療薬がない風しんでは予防接種が根幹対策です。

R0.jpg
クリックで拡大

 集団免疫からいえば麻しんに対する予防接種は最重要だといえます。

 MR(麻しん・風しん)ワクチンの接種をお勧めします!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/62-0a46ca04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR