2017-10

ウイルスか? ウィルスか?

 しばしばウィルスと記された記事を見かけます。しかし、医学的に、学術的にはウイルスと表記するのが正解です。イを小文字にしません。
 『日本ウイルス学会』 においてイは小文字ではありません。

 ウイルスの欧米名は "virus" です。
 英語では "ヴァイラス"、ドイツ語では "ヴィールス” と発音します。ラテン語圏では "ウィールシュ" と発音します?!(私の耳ではそう聞こえてました。)
 日本医学はドイツ医学の影響も受けており、また以前は日本医学会で『ビールス』を用いていたためか、今も『ビールス』と発音する方が多いようです。

 さて、『ウイルス』ですけど、この読み方は日本だけで通じると思った方が良いです。海外で "ウイルス" と言っても、全く通じません。英語読みの "ヴァイラス" と発音した方がドイツやラテン語圏でも理解してもらえました。

 ちなみに中国語では『病毒』と書きます(日本細菌学会でも病毒と表記していた時代がありました)。表意文字で『病毒』と書かれると、ウイルス感染症のイメージが伝わってきます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/6-ad370ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR