2017-08

痘瘡が根絶できた理由

 1980年5月に痘瘡根絶宣言が出されました。
 (痘瘡は根絶されたことになっていますが、生物兵器対策も兼ねて米国疾病管理予防センター(CDC)とロシア国立生物工学研究センターには痘瘡ウイルスが冷凍保管されています。)

 このような症状を呈する痘瘡という病気が無くなったことはすばらしいことだと思います。(← 痘瘡のGoogle画像リンクです。衝撃的な写真があります。ご注意の上ご覧ください。)

 ところで、痘瘡が根絶できたのは、次の好条件が重なったためと考えられています。

1)痘瘡ウイルスはヒトのみに感染する。
2)感染したら必ず発症する。
3)急性感染(一過性感染)となり、持続感染しない。
4)痘瘡ウイルスの抗原性は単一である。
5)ワクチンの効果が高かった。

 要するに、痘瘡患者を探せば痘瘡ウイルスがそこにいることが判明します。しかも、患者が見つかってから、その周囲の人々に痘瘡ワクチンを接種すれば、その方々の発症を防げました(感染4日以内にワクチン接種すれば発症阻止可能だった)。急性感染なので患者が治癒すればウイルスは消失しました。

 そのため、痘瘡患者をすぐに見つけられるように、痘瘡患者を報告したら懸賞金を出す作戦もありました。
smallpox poster
 (インドのポスター。痘瘡確定患者を最初に報告した者に1000インド・ルピーの賞金が出されました。)

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/50-58120fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR