2017-08

微生学における英語と漢数詞

 微生物といえば肉眼で観察できないほど小さな生物というイメージだと思います。ブドウ球菌が1μmくらい、大腸菌が1〜2μmくらいの大きさです。

 微生物学を英語で言えば Microbiology です。
  biology とは生物学のこと、その前に Micro という接頭辞が付いています。 Micro とは 10^-6倍(100万分の1)のことです。よって、1マイクロメートル(μm) は 0.000001m (100万分の1m) のことです。

 さて、小さい物を表す漢数詞は、分、厘、毛、と順に小さくなっていきますが、100万分の1を表す漢数詞は「微」で、わずかな、細かいという意味です。

漢数詞

 すなわち、「微」と Micro はどちらも 100万分の1という意味になります。

 微生物学とは「100万分の1の生物学」ということ・・・ちょうど細菌くらいの大きさの生物学ということになります。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/41-fd9b037f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR