2017-06

サイトメガロウイルス(CMV)の名前の由来

 サイトメガロウイルス(cytomegalovirus : CMV)はヘルペスウイルス科のウイルスで、正式な学名は human herpesvirus 5 (HHV-5) です。
 サイトメガロウイルスの名前はギリシャ語の ”cyto- 細胞" "-megalo- 巨大な" の意味から付けられました。感染細胞が巨大化するからです。

 実際にCMVを感染させた細胞を免疫染色してみると(ウイルス抗原を有している細胞は褐色になってます)、最初に感染した細胞が巨大化し、周りの細胞にウイルスが広がりつつあるのがわかります。

CMV infected cells
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/3-519fe8b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR