2017-06

感染は感染症ではない

 感染とは微生物が宿主の体内あるいは体表に定着し、増殖している状態のことです。

 ヒトは無菌動物ではありません、何かの微生物が必ず感染しています。実際、腸管には100兆個を超える微生物が感染しています。糞便の乾燥重量の約半分は微生物(主に細菌)の重量です。
 これだけの数の微生物が感染していながら、多くの人々は発症することなく、健康に生活しています。すなわち感染症の状態ではありません。

 感染と感染症は同義語ではありません。感染していることと、感染症は別の観点から考慮すべきです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/28-013b86db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR