2017-10

CMV研究は共同研究

 human herpesvirus 5 いわゆるヒトサイトメガロウイルス(human cytomegalovirus: HCMV)はヒトのみが宿主です。病態などの研究において HCMVの感染実験に使える実験動物がいません。

 結局、マウスサイトメガロウイルス(murine cytomegalovirus: MCMV)とマウスの感染系などを、HCMVとヒトとの感染系のモデル実験系として利用しています。

 しかし、HCMVとMCMVでは様々な点が異なります。例えば・・・
1) HCMVとMCMVではゲノム構造が異なる。
2) HCMVは経胎盤感染するが、MCMVは経胎盤感染しない。
3) HCMVは抗アルファヘルペスウイルス薬のアシクロビル、バラシクロビルに非感受性だが、MCMVは感受性がある(MCMVはアシクロビル、バラシクロビルで増殖が抑制される)。

 ヒトにのみ感染するHCMVの病原性の研究は、感染者・感染症患者を研究対象にする必要があります。そのためにも基礎研究(ウイルス学)と臨床研究との共同研究が不可欠です。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/23-0615085d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR