2017-08

感染力が強いウイルス

 いきなり問題です。下記の動物で他の仲間から最も外れているのはどれ?
ラクダ、ブタ、キリン、シカ、ヒツジ、カバ、ウマ、イルカ

 見た目ではイルカとなるのでしょうが、正解はウマです。ウマは奇蹄目、他の動物は鯨偶蹄目に入ります。ゲノム解析によりイルカはカバに近いことが判明しています。

 さて、2010年宮崎県で口蹄疫の流行が発生しました。口蹄疫は偶蹄類、特に畜産動物であるウシ、ブタが罹患します。口腔内や蹄 (ひづめ) の付け根に水疱ができることから「口蹄疫」の病名が付いています。
 罹患した家畜の乳収量や産肉量は低下するため、畜産業は大きなダメージを受けます。口蹄疫による宮崎県関連産業の損失は2010年だけで2400億円弱と試算されました。

 口蹄疫ウイルスは感染力が非常に強いウイルスです。ウシには少ないウイルス量 (10個程度 ) で感染が成立します。口蹄疫が畜産地域で広がれば、その抑え込みには大変な労力が必要です。したがって、流行発生の初期にいかに対策をとれるか、また日頃から「口蹄疫」という疾患を意識できているかが重要です。

 口蹄疫ウイルスと同様に感染力が非常に強いヒトウイルスにノロウイルスがあります。ノロウイルスも10〜100個と少ないウイルス量でヒトが罹患することがあります。

 昨年末、地元日南市の病院でノロウイルスの集団感染がありました(宮崎日日新聞記事)。その後も横浜の病院など各地でノロウイルスの集団感染が発生しています。
 流行性疾患が施設内で発生した時の感染予防対策は大事です。しかし、まずは日常的に「疾患を意識しておく」ことが最重要だと考えます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/15-621ad2cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR