2017-11

『母子感染の実態把握及び検査・治療に関する研究 』の研究成果

 日本医療研究開発機構 (前 厚生労働科学研究) 『母子感染の実態把握及び検査・治療に関する研究 ( http://cmvtoxo.umin.jp ) 』 では、妊娠中のサイトメガロウイルス外因感染を防ぐために、妊婦さんに感染リスクを減らすための 7項目を指導しています。

 この指導を行ったところ、先天性サイトメガロウイルス感染の数が本当に減ってしまいました。
 研究班として実態把握のための先天性感染者数が集まりにくいという状況になりましたが、指導・啓発による感染予防効果が絶大だということが判明しました。

 この研究班の最大の研究成果ということに...。

7か条
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 有難うございました!

O様

 ご連絡ありがとうございました。神戸大学のCMV関連母子検査は私が担当しています。
あらためて、こちらでの検査の結果を確認させていただきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/121-87de1d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR