2017-07

風しんや伝染性紅斑(リンゴ病)で気をつけること

 風しんは別名『三日はしか』という言うくらいで、主な症状は3日ほどで消失していきます。ウイルスの排泄は発しんが消失すると急速に減少するため、発しんが消失するまで学校を出席停止とすることになっています。
(参考;http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1334054.htm

 でも、風しんウイルスの排出は感染者が発症する(発しん出現)時の1週間ほど前から始まっています。もしこの頃に感染者からウイルスが同居者らに伝播したとしたら、最初の感染者が治癒する頃に次の感染者がウイルスを排出する頃になります。すなわち、患者が治癒して学校・仕事に行きだした時は、保護者や同居者が最も注意すべき感染源となっているということです。

風しん経過

 同様の疾患として伝染性紅斑(リンゴ病)があります。伝染性紅斑の原因はパルボウイルスB19ですが、これに対するワクチンはなく、現在の成人の50~80%の方がパルボウイルスB19に対する免疫を持っていません。

 伝染性紅斑の患児の保護者や同居者は、患児が治った後、次は自分が感染源になっている可能性があります。医療関係者はこのことを患児(発病者)の保護者(同居者)によく説明しておくことが必要です。

伝染性紅斑経過

 『紅斑が出た後で全身状態が良くなれば、学校・仕事に行っていい。』というだけでなく、『その時には、家族が感染源となってるかもしれないので、マスク着用などの配慮をしてください。』 という旨を説明して欲しいと思います。

(図はクリックで拡大できます。)

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aisenkaicdc.blog.fc2.com/tb.php/119-bf246882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR