2014-06

検査に関して

 先天性感染症検査に関してご連絡です。

 今までは妊婦さん個人からの問い合わせにも応じておりました。しかし、問題点も浮かび上がってきています。

1 検体採取することは医療行為であり、医療施設の協力がないとできないこと。
2 医療的な情報が少なく、こちらで状況がつかめない場合があること。
3 検査が必要か否かの判断は、本来、臨床医が行うべきこと。
4 説明後の妊婦さんの意思の確認が難しいことがある場合があること。

 などなどです。

 検査等についてのご質問やご希望については、医師を通じてご相談くださればありがたいと考えています。

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR