2017-06

伝染性単核症

 ガンマヘルペスウイルス亜科のEpstein-Barrウイルス(human herpesvirus 4:HHV-4)はBリンパ球を不死化(がん化)させるウイルスです。

 Bリンパ球ががん化するとリンパ腫として発症してしまいます。しかし、免疫学的に健康な人がリンパ腫として発症することはまずありません。

 健康人が Epstein-Barrウイルス(EBV)に感染すると、免疫系が感染したBリンパ球を壊してリンパ腫になるのを防ぎます。この時、感染者の血液中には感染Bリンパ球を攻撃する免疫細胞(主として細胞障害性Tリンパ球)が出現します。
 顕微鏡で細胞障害性Tリンパ球は単核球(異形リンパ球)として観察されるため、血液は単核症の状態となります。EBVは伝染性があるウイルスなので、伝染性単核症の疾患名となります。

 成人の伝染性単核症では強い免疫反応によって、発熱、咽頭痛、リンパ腺腫脹などの激しい症状が出現します。しかし、小児では免疫反応が強くないため、一般的に無症状か軽い症状で経過します。

 また、サイトメガロウイルスやヒトヘルペスウイルス6などの感染細胞に対する免疫反応によっても単核球が増えることがあり、伝染性単核症様症候群と言ってます。

 なお、疾患の英名は infectious mononucleosis です。よって、伝染性単核症が正式疾患名となります。
 Wikipediaやヘルスケアのサイト等で伝染性単核症と掲載されていますが誤りです(英名は mononucleocytosis ではありません)。

抗ヘルペスウイルス薬

 ヒトヘルペスウイルスは8種類が知られています。
 現行の抗ヘルペスウイルス薬は、アルファヘルペスウイルス(単純ヘルペスウイルス1型および2型、水痘・帯状疱疹ウイルス)とサイトメガロウイルス (CMV) に対する薬剤にほぼ限られます。また、そのほとんどがウイルスDNA合成阻害剤です。

抗ウイルス剤
 (↑クリックで拡大)

表中で
HSV : herpes simplex virus (単純ヘルペスウイルス)
VZV : varicella-zoster virus (水痘・帯状疱疹ウイルス)の略です。

 ただし、抗CMV薬のホミビルセンは、アンチセンスメカニズムでCMVタンパク合成を阻害する翻訳阻害剤です。

ヘルペスウイルスと真核生物

 動物の細胞には核があります。一方、細菌には核がありません。明確な核構造を持つ生物を真核生物(動物、植物、真菌、原虫)、細菌のように核構造を持たない生物を原核生物といいます。
 核があるということは、核膜という膜構造を有するということです。真核生物には細胞膜以外にも、核膜、ミトコンドリア膜、小胞体などの膜構造が存在します。しかし、原核生物には細胞膜以外の膜構造はありません。

 ヘルペスウイルス科のウイルスは、その増殖過程で一度核膜を被って成熟します。ヘルペスウイルス科のウイルスは宿主の核膜が必須であり、真核生物に特有のウイルスということです。

 ヘルペスウイルスは真核生物の出現後に自然界に登場し、それぞれ特定の宿主に感染し、宿主と共存しながら進化してきたと考えられています。

ヘルペスウイルス亜科の特徴

アルファヘルペスウイルス亜科
 宿主域が比較的に広い
 培養細胞で速やかに増殖する
 主として感覚神経節に潜伏する

ベータヘルペスウイルス亜科
 宿主域が狭い
 比較的長い増殖サイクルをもつ。
 リンパ球、単球・マクロファージ系細胞、腺細胞などに潜伏感染する。

ガンマヘルペスウイルス亜科
 宿主域が狭い
 リンパ球に感染し、感染細胞を不死化(がん化)させる
 リンパ組織に潜伏感染する。

 サイトメガロウイルス (CMV) はベータヘルペスウイルス亜科に属し、主に単球・マクロファージ系細胞に潜伏感染します。単球・マクロファージ系細胞は全身に分布しています。CMV感染症は局所感染症に限らず全身感染症として理解しておく必要があります。

ヒトヘルペスウイルスのゲノム構造と亜科分類

 ヒトヘルペスウイルスには8種類が知られています。
 それらをゲノム構造のみで比較してみると、サイトメガロウイルス (CMV) は単純ヘルペスウイルス (HSV) 1型および2型と似ています。
 しかし、ヒトへの病原性などの生物学的性状はCMVとHSVではかなり異なります。また、CMVであっても、ヒトCMVとマウスCMVのゲノム構造は全く違います。

HHVのゲノム構造

 ヒトヘルペスウイルス (human herpesvirus : HHV) による感染(症) を理解する上では、ゲノム構造よりも各ウイルスの物理的・生物学的性状を考慮した亜科分類で考えた方が良いです。

1)アルファヘルペスウイルス亜科
    単純ヘルペスウイルス1型(HHV-1)
    単純ヘルペスウイルス2型(HHV-2)
    水痘・帯状疱疹ウイルス(HHV-3)

2)ベータヘルペスウイルス亜科
    サイトメガロウイルス(HHV-5)
    human herpesvirus 6(HHV-6)
    human herpesvirus 7(HHV-7)

3)ガンマヘルペスウイルス亜科
    Epstein-Barr ウイルス(HHV-4)
    human herpesvirus 8(HHV-8)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アウルの目

Author:アウルの目
Author名の由来
峰松俊夫 (ウイルス学)
Facebook
愛泉会日南病院
厚労科研費研究
日本医療研究開発機構

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CMV (31)
ヘルペスウイルス (5)
先天性感染症 (14)
トキソプラズマ (2)
微生物学 (22)
ウイルス (17)
病院/研究所 (8)
未分類 (14)
ワクチン (3)
備忘録 (1)
検査 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR